文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 公共測量 > 地上レーザスキャナを用いた公共測量 更新日:2017年3月31日

地上レーザスキャナを用いた公共測量

地上レーザスキャナを用いた公共測量NEW

 国土地理院では、地上レーザスキャナを測量で使用できるように、「地上レーザスキャナを用いた公共測量マニュアル(案)」を作成し平成29年(2017年)3月31日に公表しました。
 本マニュアル(案)は、公共測量だけでなく、国土交通省が進めるi-Constructionに係る測量作業において適用することを前提にしており、測量業者が円滑に地上レーザスキャナによる測量を実施できる環境を整え、また、建設現場における生産性の向上に貢献するものです。

地上レーザスキャナを用いた公共測量マニュアル(案)

 「地上レーザスキャナを用いた公共測量マニュアル(案)」は、地上レーザスキャナを用いて測量を実施する場合における、精度確保のための基準や作業手順等を定めています。作業規程の準則(平成20年 国土交通省告示 第413号)第17条第3項に規定されている、国土地理院が定める新しい測量技術による測量方法に関するマニュアルの1つです。地上レーザスキャナを用いた公共測量を行う際には、本マニュアル(案)に従った作業を行うことで、精度の確保を確認するための資料として使用することができます。
 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ