本文へ

地理院ホーム  > 公共測量  > 「平成30年北海道胆振東部地震」における公共測量への対応

「平成30年北海道胆振東部地震」における公共測量への対応

2019年2月20日 更新

「平成30年北海道胆振東部地震」における公共測量への対応について

 国土地理院では平成30年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」により、水準点の標高成果が変動しているため、緊急水準測量(水準点の再測量)を実施しました。この結果、測量成果の改定が必要と判断した水準点と電子基準点について、平成31年2月20日に測量成果(標高)を公表しました。
 現時点で測量成果を停止している基準点は三角点(26点)ですが、地震に伴う斜面崩壊により土中に埋まるなどして実質的に使用できない基準点がほかにもあるかも知れませんのでご注意ください。
 震源の周辺地域において、地震発生から改定成果公開までの間に、改定前の測量成果を使用して公共測量を実施している場合、または、今後実施される場合には、北海道地方測量部から適切な作業方法についての助言を受けるとともに、作業者の安全確保にも十分ご注意ください。

測量成果(標高)を改定した基準点について

 今回の緊急水準測量により、以下の基準点について測量成果(標高)を改定しました。詳細は、平成30年北海道胆振東部地震に伴う基準点成果の公表停止及び再開についてをご覧ください。

  • 一、二等水準点(120点):一等水準点108点、二等水準点12点
  • 電子基準点(6点):「苫小牧」「千歳」「長沼」「厚真」「門別」「平取」
  • 電子基準点の付属標(二等水準点)(6点):「苫小牧」「千歳」「長沼」「厚真」「門別」「平取」
  • 公共測量での注意点について

     震源の周辺地域において、地震発生から改定成果公開までの間に改定前の測量成果を使用して公共測量を実施している場合、または、今後実施される場合には、以下にご注意ください。

    1. 水準測量
       今後、水準測量を実施される場合には、今回改定した測量成果(標高)を使用してください。地震発生から改定成果公表までの間に実施した水準測量(GNSS水準を含む)は、今回改定した測量成果(標高)を使用し再計算するようにしてください。電子基準点「苫小牧」「千歳」「長沼」「厚真」「門別」「平取」は、GNSS水準測量の既知点としてご利用いただけます。
    2. 電子基準点のみを既知点とする基準点測量
       電子基準点「苫小牧」「千歳」「長沼」「厚真」「門別」「平取」の楕円体高は今回改定しておりません。よって、地震発生から改定成果公表までの間に電子基準点のみを既知点とする基準点測量を実施した場合は、再計算の必要はありません。
    3. 三角点を既知点とする基準点測量
       測量成果を停止した三角点は使用できません。そのほかの三角点については、現時点で測量成果の停止は行っておりませんが、地震に伴う斜面崩壊により土中に埋まっているなどして実質的に使用できない場合がありますのでご注意ください。
    4. 公共基準点を既知点とする基準点測量
       地震発生から改定成果公表までの間に公共基準点を既知点とした基準点測量を実施した場合には、使用した公共基準点の点検を行い当該基準点管理者と協議の上で、原則、測量成果を改定した上でご使用ください。

    (参考:10月12日以前のお知らせ)電子基準点「厚真」「門別」の測量成果公表再開について

     今回の地震に伴い変動が見られた電子基準点「厚真」「門別」(図1参照)の測量成果を9月13日に停止しましたが、10月12日に測量成果を改定し、公表を再開しました。

    図1 電子基準点の水平変動ベクトル図
    図1 電子基準点の水平変動ベクトル図


    (参考:10月16日以前のお知らせ)基本基準点(三角点・水準点)の測量成果停止などについて

     三角点は、地震に伴う斜面崩壊で使用ができないことを確認できた測量成果を9月15日に18点、9月19日に8点停止しました。
     水準点は、地震に伴う変動が見られた電子基準点「厚真」「門別」に付属している二等水準点を9月15日に成果停止しました。その後、GNSS水準により三等水準点として10月12日に測量成果を公表しました。
     11月上旬から12月上旬にかけ緊急水準測量を実施する水準点(図2参照)は、現時点で測量成果は停止していませんが、成果改定が必要と判断された水準点は平成31年2月中旬に測量成果を改定予定です。現在成果停止している電子基準点「厚真」「門別」に付属している二等水準点についても、平成31年2月中旬に測量成果を改定予定です。

    図2 水準測量の実施予定地域図
    図2 水準測量の実施予定地域図

    平成30年北海道胆振東部地震に関する情報

     電子基準点が捉えた地殻変動の結果、だいち2号の干渉SARによる変動の解析結果や空中写真撮影等の情報を「平成30年(2018年)北海道胆振東部地震に関する情報」のウェブページ に掲載しております。当該地域での測量を計画する際の参考としてください。

    測量成果の改定スケジュールについて

     震源の周辺地域に設置されている三角点は、今後の復旧・復興事業等に必要となる三角点を優先し、平成31年度に復旧測量等を実施予定です。

    公共測量に関するお問い合わせ先

    ご不明な点がございましたら下記までお問い合わせください。

    国土交通省 国土地理院 北海道地方測量部 測量課
    〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目1-1 札幌第1合同庁舎10階
    電話 011-709-2311(内線4552)

    国土交通省 国土地理院 企画部 測量指導課
    〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
    電話 029-864-4639(直通)

    フォームによるお問い合わせはこちら(新規ウインドウ表示)

    ページトップへ


    平成30年北海道胆振東部地震に関する情報公共測量トップ地理院ホームへ


    Copyright. Geospatial Information Authority of Japan. ALL RIGHTS RESERVED.